レゴのブログ、略してレゴブロ。

LEGOに関する話題をゆるーくポストします。更新がとどこおっているのは、スプラトゥーン2のせいです。

スポンサーリンク

サポーター10,000人達成! レゴ アイデア「Mystery Science Theater 3000(ミステリー・サイエンス・シアター3000)」

LEGO IDEAS - Mystery Science Theater 3000

f:id:legoblog-beta:20180411145552p:plain

*1

JMasterさん製作の作品「Mystery Science Theater 3000(ミステリー・サイエンス・シアター3000)」が、10,000人のサポーター票を獲得してアイデアステージから次の製品化検討のレビューステージへと進みました。おめでとうございます。

ideas.lego.com

「Mystery Science Theater 3000(ミステリー・サイエンス・シアター3000)」は、アメリカのカルト・コメディ・シリーズです。

1988年から1999年まで、アメリカ・ミネソタ州のケーブルテレビで放送されていました。

衛星軌道上の宇宙船に閉じ込められた宇宙飛行士とロボットが、悪い科学者の実験台にされてしまう話です。

この部分だけ聞いていると、マッドでホラーな感じですが、その実験というのが毎週毎週えんえんとくだらない映画を見せて精神崩壊を引き起こそうというもの。(てことはココに出てくる映画は・・・・そういう扱いです。)

肝心の宇宙飛行士とロボットは、ツッコミ入れまくりながら映画を鑑賞。なかなか実験の目的を達成できない、というものです。

www.youtube.com

当時のケーブルテレビ、無茶な勢いがありますね。

2015年もクラウドファンディングで新エピソードの製作のための資金をつのり630万ドル(7億円以上!)も集めています。

 

オープニングシーンがレゴに。

f:id:legoblog-beta:20180411151035p:plain

登場人物らしきミニフィギュアたちです。どれが誰だか正直いって全部はわかりません。

f:id:legoblog-beta:20180411151014p:plain

スクリーンに、人影。がっつりかぶってます。

この状態で映画をみながら、ツッコミを入れていきます。

f:id:legoblog-beta:20180411150958p:plain

 

「Mystery Science Theater 3000(ミステリー・サイエンス・シアター3000)」は、ファースト2018レビューで製品化の可否が検討される予定です。

『レゴのブログ、略してレゴブロ。』でした。

 

▼関連記事です。

legoblog-beta.hatenablog.com

 

 ▼劇場版もあります。が、テレビのほうが面白かったそうです。

 

*1:画像はLEGO IDEASより引用しました

スポンサーリンク