レゴのブログ、略してレゴブロ。

LEGOに関する話題をゆるーくポストします。更新がとどこおっているのは、スプラトゥーン2のせいです。

スポンサーリンク

サポーター10,000人達成! レゴ アイデア「NASA Space Shuttle (Saturn V Scale) 」(NASAスペース シャトル)

LEGO IDEAS - NASA Space Shuttle (Saturn V Scale)

f:id:legoblog-beta:20170907104158p:plain

*1

KingsKnightさん製作の作品「NASA Space Shuttle (Saturn V Scale) 」(NASAスペースシャトル )が、10,000人のサポーター票を獲得してアイデアステージから次の製品化検討のレビューステージへと進みました。おめでとうございます。  

ideas.lego.com

 

NASAスペースシャトルです。1981年から2011年まで135回も宇宙へ打ち上げられました。発売中の「レゴ(LEGO)アイデア レゴ(R) NASA アポロ計画 サターンV 21309」と同じ縮尺サイズで作られた作品となっています。

普段、スペースシャトルと呼んでいる宇宙飛行士と貨物運ぶ部分は、実際には軌道船(Orbitor Vehicle)というスペースシャトルを構成する一部分で、この軌道船にオレンジ色の燃料タンク(External Tank)と2本の白い固体燃料補助ロケット(Side Rocket Boosters)の全部ひっくるめてスペースシャトルと正式には呼んでいます。

ロケットの飛行コストを減らすために始まったプロジェクトでしたが、なんだかんだでコストが増えていき結局は使い捨てのロケットよりも高くついてしまったそうです。(それでも6機も製造されています)

 

乗組員と荷物を運ぶ軌道船です。

f:id:legoblog-beta:20170907110044p:plain

 

リモートコントロールのロボットアームも再現。

f:id:legoblog-beta:20170907110104p:plain

 

メインの燃料タンクと補助ロケット切り離しの様子

f:id:legoblog-beta:20170907110127p:plain

 

f:id:legoblog-beta:20170907110156p:plain

 

f:id:legoblog-beta:20170907110217p:plain

 

f:id:legoblog-beta:20170907110240p:plain

 

サイズ比較です。左が実物、真ん中がレゴ アイデアNASAスペースシャトル」、右がレゴ クリエイター 10213(2010年発売)です。こうしてみると翼とか実物とほぼ同じカーブを描いていますね。

f:id:legoblog-beta:20170907110257p:plain

 

置き場に困るのはわかりつつも、先日レビューステージへと進んだ発射台とあわせてぜひ飾りたい、遊びたいですね。

legoblog-beta.hatenablog.com

 

セカンド2017レビューにて製品化の可否が検討される予定です。

『レゴのブログ、略してレゴブロ。』でした。

 

▼関連記事です。

legoblog-beta.hatenablog.com

legoblog-beta.hatenablog.com

 

▼2010年発売のスペースシャトルはコチラ。

*1:画像はLEGO IDEASより引用しました

スポンサーリンク